日本、チャイニーズタイペイ(台湾)に7回コールド勝ち!

2006年03月04日

日本、チャイニーズタイペイ(台湾)に7回コールド勝ち!



WBC(ワールドベースボールクラシック)アジアラウンド第2戦。
世界の王率いる日本は、昨日に続いてコールド勝ち!

さすがニッポン!!!」

初回から、多村の3ランで先制。
その後も点を重ね、14点の大量得点!

1番から9番まで、目の離せないほどの打線となっている。


先発の松坂もまずまずの出来。
65球を迎えたところで満塁のピンチとなったが、本人曰く、

「絶対三振を取ってやろうと思っていました。」

その思い通り、見事に三振で切り抜けた。


2番手の小林がイマイチの投球内容となった。
采配のうえで、継投に課題が残る。


何はともあれ、無事にアジアラウンドは通過。
明日の韓国戦も是非勝利で収めて欲しい。


2次リーグは、3月13日よりアメリカで行われる。
夢の日米真剣勝負!
今後もWBCは目が離せない!!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック


Excerpt: チャイニーズタイペイチャイニーズタイペイ(中華台北、Chinese Taipei)は、中華民国(台湾)が国際連合を追放された1970年代以降、同国が国際社会に参加する上で、「中華民国」あるいは「台湾」..
Weblog: 台湾のポイント教えます。
Tracked: 2007-08-17 06:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。