王JAPAN、第2戦 日本 対 台湾  予告先発は松坂

2006年03月04日

王JAPAN、第2戦 日本 対 台湾  予告先発は松坂



中国に大勝して、2戦目を迎える王JAPAN。台湾に勝利すれば、1次リーグ突破をほぼ手中に収めることができる。先発のマウンドに立つのは松坂。壮行試合では2試合で、5回2/3を投げて4失点と今ひとつの結果だった。ただ台湾には、2003年のアテネ五輪予選では、7回を投げて、12奪三振、無失点と相性はいい。65球という球数制限のある中で、何イニング投げることができるか。松坂の後ろには国際大会の経験豊富な和田毅が控える。
 打線は、中国相手に3本塁打を含む15安打、18得点とバットが振れている。ただ1番イチローが6打数1安打と当たりがないのが気になるところ。2番西岡が好調なだけに、イチローの出塁がポイントとなりそうだ。


スポーツナビ


さあ、まもなく試合開始ですが、日本の予告先発は松坂。
壮行試合では、ボールに慣れれず今ひとつだったが、韓国が勝利したこともあり、今日の試合は絶対に落とせないので、気を引き締めて欲しい。

打線のほうは順調といえるだろうが、イチローの不振が気になる・・・。

今日も勝利に期待したい!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。